ムービー

ムービー&マップ制作

 

■私の後悔

 私は、今でも悔やんでいます。それは、カナダを自転車で横断した時のこと。当時、日本人の風刺絵として、太ったキツネ目の日本人旅行者が首からカメラを下げているというのを沢山見ていました。それが、いやで、自分が旅行するときはカメラで写真をとるのはあまりやらないことにしました。

  今でも、自分の中で心に残っている人生のハイライトであったカナダの自転車旅行の時も同じです。カメラは持って行かなかったのです。地図も、州ごとに現地のツーリストインフォメーションでもらった良い地図があり、毎日、着いた場所にマークして日付を入れたり簡単なコメントをしたりしましたが、次の州に移って新しい地図が手に入ったら捨ててしまいました。なんてことをしたんだ・・と後悔しきりです。今、その地図や撮った写真が残っていれば、その時の記憶が鮮やかに戻ったのに違いないのです。それは、かけがえのない自分の生きていた証になったのです。ああ~!と悔やんでも悔やみきれません。

  だから、思うのです。写真やビデオで記録したり、地図に自分の足跡を残すことができれば、自分が、いつどのくらい動いたのか直に感じられ、酒でもの飲みながら満足感に浸ってニタニタできるに違いない。これからの、旅は地図や画像に残したい・・・と。

■デジタルとアナログ

さて、記録となると、私としては、まず、昔ながらの紙の地図に通ったところ、休んだところを付けて、そこに時間や簡単なコメントを入れたりすることを思いつきます。昔、山登りをした時は、地図に移動場所に×と時間を付け、感想や、その日の日記などは、小さなノートに書きました。手垢がついていたり、雨でぶよぶよのページがあったり、シミがあったりで、その存在感もなかなかのものです。なかなか捨てがたい方法です。下の写真は、登山をしていた時のメモ帳で、書きなぐってありますが、今みるとかなり詳細にその時の様子が記録されています。あまりに細かくて、すべてを思い出すことはできませんが、情景やその感覚は戻ってきます。

PAP_0059_B2KC480091

  山登りをしていた時の記録帳

一方で、最近は、テクノロジーの急激な発達のおかげで、GPSで自分の通った位置を正確に記録でき、電子地図上に簡単に表現できます。移動した距離、時間、途中の写真の収録、そしてそれを後で気軽に検索できるなど、非常に便利になりました。スマホも、さまざまなことができるようになりました。これから記録に関して、どんどん進化して行くと思います。気軽過ぎて、実感が湧かなかったり、我々の世代だと、どうもこの手の操作が苦手などという人もいると思います。

でも、少しずつ習って、慣れれば誰でも使いこなせるようになると思います。使いこなせれば、また違った満足が得られるのではないでしょうか。

いずれにしても、自分が満足できれば良いということでしょう。

 

■カシミール(フリーソフト)

さて、私が今、使っているのは、カシミールというフリーソフトです。私は、山登りもやっていましたので、山仲間の間では、山の地図が簡単に見られるフリーソフトのカシミールは話題になりました。今では、その機能はとてつもなく高度になり、様々な事ができます。自分の歩いたところにGPSの軌跡を載せるなど朝飯前。三次元の表示も驚くべき迫力と精度です。これを使わない手は無いのではないと思い。使っています。

このホームページの「トライアルコース」で紹介している、No1横浜ベイエリアサイクリングの移動の記録は下のように表現できます。

主要スポットの写真もサムネイルで表示され、そこをクリックすると写真がポップアップしてきます。一緒に使いこなしてみませんか。

横浜ベイエリアサイクリング

 

■ムービー制作

 さて、ムービーと言えば、簡単に撮れるムービーカメラがいくらでもありますね。それはそれで、面白いと思います。ただ、問題は、それを撮るために、カメラを構えて被写体を追ってゆかなければならないことです。記録することは良いのですが、走っている時に構えているのも危険ですし、なにより、記録のためのサイクリングになってしまい、本末転倒になりかねないということです。(ただし、人によっては苦にならないかもしれません。)あくまでも、サイクリングそのものを楽しむのが目的なので、記録の比重が大きすぎるのも考え物です。それに対して、一枚ずつ撮る写真であればそれほど負担にはならないと思います。

 私が、推奨するのは、やはりフリーソフトでお金がかからず、手軽にできるムービーメーカーです。写真をつなげて、音楽やタイトルを付けたり、画像にいろいろな効果を付けたりして、結構いけてる紙芝居になります。ぜひ、挑戦してみてください。私が、このホームページのトライアルコースにある横浜ベイエリアサイクリングのムービーをYouTubeにアップしましてありますので見てください

 

 ■ブログ・ホームページ制作

今は、ブログを書く人は沢山います。しかも、タダでいろいとなブログサイトも手軽に使える時代です。私も、これまでに、FC2とamebloをやったことがあります。登録もそんなに難しくなく、ワープロの要領で文章を書いて、あとは写真でも載せられれば、十分楽しめます。

ホームページとなると、若干お金もかかります。プロに頼めば、たちまち、ん十万かかったりますし、若干テクニカルなこともこなす必要もあります。そんなに高価なものでなくてかまいませんが、レンタルサーバも必要です。自分では使ったことがありませんが、ホームページビルダーを使えば(自分で一からページを作ることになりますが)、2万円以下のソフトを買うだけで自分で作ることも可能です。ぜひ、挑戦してみてください。

 

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.