50代の自分を触発したビリギャル

2015-11-20

12527-NOA3EK

本から話題になって、映画にまでなったビリギャルを見ましたか?

偏差値が最低であった女の子が素晴らしい塾の先生に出会い、猛勉強の末、遂に慶応大学に合格するという実話です。

本屋さんでその本をちょっと立ち読みした程度で、なんとなく引き付けられる話だなと思いつつも、そのままになっていました。

それが、偶然にも、映画をみたところ、思いのほか感動してしまいました。

主演の有村架純ちゃんがかわいいこともあるし、単純なストーリーとは言え、必死に頑張る姿に素直に感動できました。

そして、そのどん底から這い上がるという黄金のストーリーにまんまとやられてしまったのです。

実は、今会社から言われて、来月TOEICの試験を受けることになっています。

50代も後半になって、集中力と反射神経、とっさの記憶といった素早い頭の回転を要求される試験は正直きついです。

勉強は2、3週間前に本を何冊か買って始めてはいるのですが、なんとなくやる気が出ない状態が続いていました。

しかし、この映画を見て、人間はこんなに頑張れるものなのだと改めて認識しました。

受験を頑張ったというたわいの無い話のようにも思えますが、モチベーションを上げるのに苦労している私は、なぜか手軽に(?)頑張る気にさせられたものです。

とりあえず、目前のTOEICの試験に向けて集中力を高めることができたのは良かったです。

しかし、本当は自分の人生をより良くするために、いかに頑張り続けられるのか、それが重要です。

ビリギャル効果がどこまで続くのやら。

 

その他のブログも読んでくださいね!

ホームページトップ

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.