50代になっても、やりたいことが見つかる方法

2015-05-25

電球idea-infographic-with-icons_23-2147507296

最近、今までに無い観点から、自分のやりたいことが分かった方法がありました。

「人生を後悔しない「やりたいこと」が見つかる3つの習慣」(古川武士 日本実業出版社)に書いてあった方法です。

詳しくは著書を参考にしていただきたいのですが、おおよそ次のとおりです。

①自分欲求(一人でやっていても自分でワクワク感がでてくる欲求。例えば、冒険する、創造する、学ぶ、等)を見つける。本にある自分欲求の言葉集から、自分にシックリくるものを選びます。

②他人欲求(他人とのかかわりで得られるもの。例えば、認められる、褒められる等)を見つける。同じく、リストにある他人欲求の言葉から、自分が感じたいものを選びます。

③過去の自分のベストの体験を10思い出す。自分が今までにワクワクした体験。

④それらのベスト体験の背景にあった自分欲求、他人欲求を探る。

例えば、「家族とキャンプファイアーをしたこと」がベスト体験の場合、背景となった自分の欲求は「知らない世界」、「冒険する」などが考えられます。自分が感じるとおり整理します。

同じ体験でも、人によって違うと思います。

私がやってみたところ、ベストの体験10個から出てきた中で多かった欲求は次のことでした。

自分欲求:冒険、知らない世界、自由

他人欲求:頼りにされる、認められる

結構、納得してしまいました。海外を歩き回ったり、新しい土地へ行ったり、新しいことを学んだりやったりすることが大好きな私は、これらの欲求が満たされることをやっていればワクワクできるのだと思います。

また、他人欲求についても、仕事では、仕事の成果そのものよりも、顧客から感謝されたり信頼してもらえることに、この上なく喜びを感じます。

これをヒントに、50代後半になったこれからの人生でやりたいことを見つけたいと思います。

皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

 

その他のブログも読んでくださいね!

ホームページトップ

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.