自転車で東北沿岸の被災地を巡るために

2014-05-15

110615_東北01 (3)

2011年6月中旬の被災地(私が撮影)

110615_東北01 (1)

2011年6月中旬の被災地

110615_東北01 (2)

2011年6月中旬の被災地

私は、防災関係の仕事をしているため、震災後間もない6月中旬に石巻や陸前高田など東北被災地の一部を見て回りました。

震災前には、東北ではありませんが、津波の予想浸水範囲を示すハザードマップを作成したことがあります。

また、津波の恐ろしさを知ってもらうためのCG画像なども作ったことがあります。

しかし、昔の記録を読んではいても、また計算上はそうなるとわかっていても、自分で体験しているわけではありません。

正直なところ、本当にこんなにも内陸まで広範囲に津波が押し寄せるのだろうかという感覚があったのは事実です。

しかし、そんな予想をはるかに超えた津波が襲来しました。

しかも、それまでは、津波の臨場感をもってもらうために、多少稚拙なCGムービーで表現するぐらいしかできなかったことが、リアルの、しかも圧倒的迫力の動画がメディアで溢れました。

現地の人々は直接の被害に遭われ、本当に痛ましいこととなりました。

しかし、いまだ、復興は進まず、元の素晴らしい地域を取り戻せるのか見通しがつかない状況です。

昨年の夏、私は、息子と関東で4日間のサイクリングをしました。(ツーリングの楽しみ

今年は、被災地の今がどのようになっているのか、この目で確かめてみたいと思っています。

まだ、復興が進んでいない状況なのに、支援の心が人々の目から遠ざかろうとしている昨今です。

息子には、こういった、自然の恐ろしさ、そして人々がどう生きているのかを、自分の目で確かめてもらいたいと思っています。

いったい、自分達に何ができるのかを考える機会となれば幸いです。

これから、サイクリングの企画を考えて行きたいと思います。今後のブログでサイクリング計画の内容をシェアさせていただきます。

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.