何故不幸な人生、ついてない自分になるのか?そのメリットは?

2014-11-26

me-myself-&-i_19-101284自分

「目の前の世界は、すべてあなたが引き寄せている」とか、「今の自分は、自分が望んでいる姿」とか言われます。

いうならば、「原因」と「結果」の法則なのでしょうか。

真実かどうかはともかく、これについて、ちょっと考えてみましょう。

基本的に、何か、自分にメリットがあるのでそのような行動を取っているとしましょう。

自分が不幸であったり、ついていない場合のメリットって、いったい何でしょうか。

こんなことが思い当ります。

 

①同情してもらって安心感を得る。―そうあることで多少注意を向けてもらえる、振り向いてもらえるかもしれない。寂しいから。

 

②困難な状況をやりくりしていることで、あなたたちより偉いんだと(勘違いして)、そのことで自慢している(つもり)。優越感を感じたい。褒めてほしい、自分を認めて欲しい。やさしくして欲しい。

 

③それなりに、困難と格闘していることで自己満足を感じられる。

 

④自分のことで、うまく行っていないことの言い訳になる。―やること、向上しなければならないことをしない言い訳になる。それを克服するような辛いことはしない理由になる。

何か、深層心理では、こんなことを考えていて、それが目の前の現実になっているのかもしれません。

不幸になるメリット。

あなたの場合はどうですか。

シンプルにこんな考え方で自分を点検すると、意外な自分が見えてくるかもしれません。

元気を出して、一緒に前へ進みましょう。

その他のブログも読んでくださいね!

ホームページトップ

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.