京都をレンタルサイクルで長いコースを楽々楽しむ

2014-10-18

DSCN4370
レンタサイクルショップと借りたドイツの名車BD-1

久々に「出張作サイクリスト」で京都を走りました。

京都市内での打合せが午後3時頃に終わり、会社に帰っても夜遅くになるので、レンタサイクル屋さんへ直行です。

京都駅の近くの京都サイクリングツアープロジェクトというお店で借りることに。

このお店に行ったのは、帰りの京都駅に近いということと、ここでは、ドイツのミニベロ(小径車)であるBD-1が借りられるからです。

BD-1は、走行性が素晴らしいドイツの名車とされています。

でも、値段が最低12,3万円するので、簡単には買うわけには行きません。

一度、乗ってみたいと思っていたので、他の自転車と比べてレンタル料金が高いのですが、少し奮発して乗ることにしました。

3時間程度しか乗れませんが、一日分の2,000円です。

また、このチャンスが巡ってくるかどうかわかりませんので、とにかく借りることにしました。

マップは、その店オリジナルということで100円です。

DSCN4448
レンタサイクルイクルショップで購入したマップ かなり詳細な説明が

DSCN4446
京都主要部はカバー

京都市内のマップは、観光案内所で無料のものが手に入りますが、地図のスケールが大きくて裏道も良くわかるし、道路状況も含めかなり詳細に書かれているので買う価値はあると思います。

午後3:20頃出発して、北に向かい妙心寺というお寺へ。

DSCN4378
歩道は広くて自転車も走れます。

妙心寺は、京都の中では、それほど有名ではないかと思いますが、その先の金閣寺や龍安寺などは行ったことがあるので、まずはそこに決めました。

予想以上に広いお寺で、歩いて回ると結構時間がかかるのではないかと思います。

平日のせいか人も少なく、ゆっくりと中を見ながら走ることができました。

DSCN4383
妙心寺正門

DSCN4385
妙心寺の中 広いです。

そこからは、距離的に厳しいのですが、行きたいと思いながら、なかなか行けなかった哲学の道へ行くことにして、一路東へ。

ほぼ市の中央で京都御所の中を通ります。

そろそろ日が落ち初めていました。

御所の中は、これまた人が少なく、広々とした空間を満喫できました。

DSCN4407
京都御所 人もまばら

そして、さらに東へ真っ直ぐ向かいます。

京都の良いところは、道が碁盤の目のようになっているので、真東へ迷わず向かえることです。

そして、大通りでなくとも、その隣の裏道(と言ってもよいか?)を迷わず大通りと並行の同じ方向に向かえます。裏道は、車も少ないので安全で快適です。

DSCN4401
裏道 観光客はめったに通らない!

とにかくひたすら哲学の道へひた走り、やっと到着。

もう、日が沈む直前で、哲学の道へ入ってすぐに、日が西の山並みに隠れるのを見ました。

それでも、まだ薄日があるので、哲学の道を走っている間はまあまあ見える状態でした。

それに、道も空いていて、人はまばらにしかいません。

休日であれば、自転車に乗って走れないのかもしれません。

DSCN4416
哲学の道への入り口

DSCN4417
哲学の道の始まり

DSCN4418
散歩できそう

DSCN4421
ついに日没

DSCN4424
人は少ない

DSCN4428
普通の道の雰囲気の場所もあり。

哲学の道を途中から抜けて京都駅への帰りの段階になると、いよいよ暗くなり、ライトをつけなければなりませんでした。

道路が広いせいか、それほど怖さを感じることなく、京都駅、そしてレンタサイクルショップまで戻ることができました。

DSCN4431
鴨川もこんなになって。

DSCN4436
夜の京都タワーを見るはめに!

ショップへ着いたのは、6時少し過ぎで、約3時間です。

でも、自転車でなければ、3時間で、これだけ自由に回ることはできなかったでしょう。

特に、普通に観光に来たときには絶対走らない裏道を軽快に走ることができるのは、快感です。

是非、皆さんも、京都はレンタサイクルで回ることをお勧めします。

その他のブログも読んでくださいね!

ホームページトップ

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.