ネパール大地震と復興への希望

2015-05-02

DSCN2576
倒壊前のビムセンタワー

昨年12月のネパール訪問から帰って半年後に起きた大地震。

多くの被災者が出たことは本当に残念なことです。

写真を撮ってあげた双子の小さな姉妹は大丈夫なのか心配です。

レンガ造りの耐震性など考えてなさそうな建物が多く、あまり地震は無いのかと単純に思っていましたが、実際には過去に数万人の犠牲者を出した地震があったとのことを今更ながら知りました。

そのような過去の大地震を旧王朝広場の古い建造物が良く残ったものだと不思議です。

テレビの映像によれば、私が2回も登ったビムセンタワーという展望塔は根本から折れたのでしょう、完全に倒壊してしまったようです。

地震は現地時間の11:56に発生したとのことなので、塔の展望台にも観光客が登っていたのではないかと思います。

私が登った時にも地震が来る可能性が十分あったとも言えます。

まだまだ、人命救助に時間がかかるでしょう。

国の財政基盤も弱く、政治も安定していないので、復興にどれだけの時間がかかることやら。

ただ、この災害を教訓に、安全な町として生まれ変わることを切に望みます。

私が撮った地震前のカトマンズ市街の動画をYouTubeにアップしてありますのでご覧ください。

 

 

その他のブログも読んでくださいね!

ホームページトップ

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.