ネパールで見た自転車事情

2014-07-15

DSCN2515

信号はなく、警察官が指示する。

 

久々の投稿となります。

仕事で2週間ほどネパールのカトマンズに出張していました。

あちらで、投稿しようと思ったのですが、なぜかネット環境のせいでうまく投稿できませんでした。

仕事では、もっぱら、ほとんど自動車での移動し、机に座って資料を作ったり、会議をしたりの連続でした。

すっかり運動不足になりました。後半は足元があまりしっかりしていなかったせいか、ついに、階段でつまづいて転んでしまう始末です。

街中は、バイクと自動車で一杯。

道脇などまだまだ未舗装で土が露出したところが多いため、土ぼこりと排気ガスで空気は非常に汚れています。

住民もマスクをしている人が結構、目に着きました。

さて、私の関心がある自転車ですが、車やバイクに比べると非常に少ないです。

実際、溢れるように走る車やバイクの中では危険ですらあるので、やむを得ないかもしれません。

場所によって車は逆走しているみたいです。車の流れを横切る車もある。とにかく無茶な運転が目につきます。

道が良く無いせいもあると思いますが、マウンテンバイクが比較的多いようです。

少なくとも、細いタイヤのクロスバイクなどはまったく見ません。

自転車屋さんでも売っていません。

一番細いタイヤでも、がっちりした普通車の太目のタイヤがせいぜいです。

たまたま寄った自転車屋さんで聞いた話では、新品の値段は、ガッチリ普通車が6000円ぐらい、マウンテンバイクは1万5000円から3万円ぐらいでした。

この国の一般的な収入ではちょっときついのではないかと思います。

DSCN2516

車、車、バイク、バイク、・・・ 雨のあとで道は舗装道路でもドロドロ。

DSCN2531

自転車で走るのは、怖い!

DSCN2497

市民の足。

DSCN2607

自転車屋さんです。

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.