サイクリングロードはちょっと違う!

2014-05-03

DSCN2306

今日はいい天気!

 

サイクリングロードはちょっと違う!

今日はGWの連休中日で、近場のサイクリングを楽しむことにしました。

埼玉県は、自転車の保有率、出荷台数ともNo.1だそうです(埼玉県HP)。そのせいか、「ぐるっと埼玉サイクルネットワーク構想」が公表されていて、県ホームページには、「自転車みどころスポットを巡るルート100」などが掲載されています。

今日は、その中から、荒川探訪ルートなるコースを走ることにしました。

初めてのサイクリングロード

実は、こんなに、長い距離の自転車専用ルートを走るのは初めてです。

私の場合、これまでは、普通の道路を走ることしか頭になかったのです。

サイクリングロードは、自動車を気にせず、ただ自転車で走ることだけを楽しむことができました。

決められたルートを走るだけなので、余計なことはあまり気にしないで済むというのが新鮮な体験でした。

天気も雲はありましたが、良く晴れて絶好のサイクリング日和です。

サイクリングロードを走ってみて

荒川探訪ルートは、川越市の東端にある開平橋というところから北側の吉見町、鴻巣市にある御成橋というところまで、川の左右岸をグルット回るコースで、1周約30kmの道のりです。

ただ、今日は、荒川の西側を南から北へ向かって走ったのですが、うっかり、北側の御成橋を通り過ごしてしまい、10km以上余計に走ったかと思います。

サイクリングロードは正直なところ、あまり幅が広くないので、反対方向に走る自転車が1台ずつすれ違うのがやっとの区間が多く、スピードが出ているとちょっと怖い感じもします。

それでも、菜の花に囲まれた堤防の上を、左右に広がる空間を眺めながらの走るのは快適でした。

ただ、行きは南から北に走るので、南風が追い風になって楽だったのですが、帰りの南方向への走りは、疲れも出始めて若干きつかったです。

行きの荒川西側は、ほとんど堤防の上を走るルートですが、帰りの東側は、堤防を降りて高水敷の上を走る区間がほとんどです。

高水敷は、水田沿いなどを抜けることもあり、直角に曲がったり、場所によってはヘアピンカーブもあったりしたりで走りにくいのと、曲がる所が分かりにくい場所も結構ありました。

スポット的に見どころはありましたが、それほどジックリ止まって見る所は多くないです。

ただし、吉見町のさくら堤公園は、堤防天端のサイクリングロード沿いにサクラの気が並んでいるので、サクラの季節はさぞ綺麗であろうと思われます。

今度は、サクラの季節に来たいと思います。そんなわけで、みなさんも、ぜひ、サイクリングロードを楽しんでみてください。

DSCN2304

広大な荒川沿いを走ります。

DSCN2318

 荒川東側サイクリングロード。走りやすい!

DSCN2322

さくら堤。サクラが咲いていれば本当に美しい(はず)

 

DSCN2332

五月なので鯉のぼりが河川敷に!

DSCN2339

荒川東側。河川敷の中を走る

DSCN2349

思ったより時間がかかる。帰るともう日が沈む頃

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.