カナダ自転車横断旅行の記録を残す(その2)

2013-04-10

マップに記録

わずかな記録と、だいぶ怪しくなってきた自分の記憶、旅行中に出会った人が撮ってくれた写真だけが頼りです。

それでも、助かるのは、今ではインターネットで様々な情報が簡単に入手できるようになったことです。

なにか手がかりとなる言葉さえ思い浮かべば、インターネットで検索してかなりのことがわかるし、それにまつわる自分の記憶も呼びもどせたりもします。

残っていた資料の中に出発前日本で買ったカナダの地図があります。

それを見ると、ところどころに手書きで「○月○日着」と書いてあります。

私は、旅の途中で時々両親に手紙を送っていました。

「○月○日どこどこに着きました。」と言った簡単な手紙でした。

今、自分に息子ができてから改めてこれを見ると、考えさせられます。

外国を一人で、しかも自転車で旅行させて大丈夫なのか心配だったのではないでしょうか。

「自分史」や「自分探し」などと言うのは、何かブーム(去ったか?)に乗せられているようでいやですが、「この時代に、地球のどこかでこんな事が起きていたという、何処にも記録されていない記録を残す」、そしてそれは「私が生きていた証」になるのだというつもりで、こつこつと書き留めて行きたいと思います。

(続く)

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.