カナダ自転車旅行/ニューブランズウィックのタイダルボア

2013-11-09


Tidal Bore Near Juneau / Jeffrey Beall

(上写真は、アラスカ)

ニューブランズウィック州とノバスコシア州の間にはファンディ湾があり、そこに流れこむモンクトン市のところにあるPetitcodiac Riverで、世界最高の潮位差により河川を津波のように遡上するタイダルボア(潮汐波)がみられました。

私は、そこへ行くまで知らなかったのですが、看板か何かでその存在を知り見ることができました。

この現象は、日本に居るとき、アマゾンのポロロッカという名前でテレビで見たと思いますが、カナダにあるとは知りませんでした。

おおよその発生時刻は分かるものの、気をもみながら待たなければなりません。

タイダルボアを見られる場所があり、他の観光客と「いつくるのかね」などと雑談しているうち、誰かの来たと言う声が聞こえました。

あっと思って、川を見ると波の壁が登ってゆくのが見えます。

少し、見つけるのが遅れて、後ろから登ってゆくのを見送るようになってしまいました。

ただ、ものすごい壁のような波を期待したのですが、なんとなく可愛らしい波でした。

大潮だともっと高い波だったのでしょうか。

さて、そこからは赤毛のアンのふるさとプリンスエドワードアイランドに向かって出発しました。

(続く)

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.