カナダ自転車旅行/カルガリーのR一家(その2)

2013-09-13

父と息子1205795_father_and_son

ところで、R一家の男の子は、失礼ながら、躾が良くないと言うか、親に向かって平気で汚い言葉を言います。

 

夫婦共働きで、二人を見る時間が無く躾が行き届かなかったのではないでしょうか。

 

今頃、どんな大人になったのでしょう。

 

もう40歳ぐらいにはなっているはずです。

 

さすがに落ち着いた大人の男になったのでしょうか。

 

もう、子供もいる頃でしょう。

 

いずれにしても、楽しかったR一家との数日間でした。

 

いまだに、その時のことを思い出せます。

 

自分の人生の大切な一コマです。

 

さて、R一家とは別れを告げ、F君とも別れることとなりました。

 


彼はアメリカ方面へ、私はトランスカナダハイウェイを東へ向かうこととなりました。

(続く)
Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.