「いったいなぜこんなことに?」これは自分のせいか?

2015-03-13

種子

 

50代半ばを過ぎてもなっても悩みは尽きませんね。

いろいろと人生の節目になる55歳も過ぎてから、自分の本来の生き方を模索しています。

でも、予想していなかった様々な問題、小さな挫折が繰り返し起きて、気持ちはいつもモヤモヤした状態が続いています。

「この年して、いまだにこんなことで悩むのか?情けないな!」と思うとまた憤ってしまいます。

今も、現実的に問題が起きていて、それが常に頭に引っかかっているという状況にあります。

しかも、それがいくつか同時進行!なぜだ?

先週、有名な「原因」と「結果」の法則 ジェームス・アレン(サンマーク出版)を読みました。

「環境は思いから生まれるものである」。

普通なら、自分がうまくいっていないのは、予想もしていないことが起こったから、と考えますよね。

私もそう考えてしまいます。でも、逆に、自分に何らかの原因があって、周囲に起きることはその「自分で思っていること」や「その人そのもの」が映っているだけ、ということだそうです。

「自分の思い」が実現しているだけだと。

そう考えると、なぜか不思議と少し気持ちが落ち着いてくるように感じられています。

自分にとって不快なことが起きた時、すなおに「どう感じているのか」、「それは何か普段感じていること、自分がとっている態度・思いと似たことなのか」など、少し自分自身と向かい合ってみたいと思います。

自分が原因で目の前に結果が表れているのであれば、少しでも良い結果が現れるよう、少しでも良い原因を作って行くようにして行きたいと思っている今です。

 

その他のブログも読んでくださいね!

ホームページトップ

Copyright(c) 2013 jinsei55.com All Rights Reserved.